暮らしのコトコト。

シンプルに暮らしたい! 日々の暮らしとお片付け

にゃんこの日に収納を見直す

先月、2月22日は、にゃんにゃんにゃんの猫の日でした。猫の日ということを初めて知った私…。めでたい日だなぁとシミジミとニャンコと共に暮らせる日々に幸せを感じました。

 

が、しかし、先日、寝ているときにお腹にダイブされて、あまりの衝撃と痛さに「ウウウ…涙」と呻きながら目を覚ましました。その後、すぐにニャンコはゲロを吐き、その始末に追われるという何ともトホホな朝のスタートでした💦

f:id:kinako-chiroru:20220303230034j:plain

寝ているときは、穏やかな雰囲気を醸し出しているニャンコ

続きを読む

【お片付けサポート事例】日々使う物を取り出しやすくキッチン食器棚収納

太陽が出ている時間は少しずつ増えているのに、まだまだ寒い日々ですね。

 

前回、ご紹介したキッチンのお片付けと同じお宅の食器棚バージョンです。

前回の記事はこちらから→

 

kurashi-no-kotokoto.hatenablog.com

食器棚も、見た目はスッキリと綺麗になっているので、またしても「整理収納の必要あるのかな?いかに?」と思ってしまいました。

が、しかし、収納がある分だけ、不要な物を置いてしまっていて、よく使うものが取り出しにくいということが判明し、お片付けをすることになりました。

続きを読む

【お片付けサポート実例】一見キレイでも、実はイラナイ物ありました!

もうすぐ、2月ですが、今年のお正月は、何を食べましたか?

私は、Oisixのお節料理セットを食べました。定番の和のお節に加え、洋の創作料理もあり、2段のお重で美味しかったです。

f:id:kinako-chiroru:20220126102840j:plain

 

もちろん、お雑煮も食べました!体重のことも忘れて満喫しました。

柚子の皮を少し入れたら、香りがふっと広がり美味しかった!

f:id:kinako-chiroru:20220126102906j:plain

 

さて、先月、行ったお片付けサポート実例レポートです。

続きを読む

新学期に向けての本棚リセット!

ちょっと前の事になりますが、冬休みに中1の息子が、「本棚がグチャグチャになっとる〜💦収納の見直し一緒にやってくれん?」と言って来ました。

 

普段の管理は、子ども達に任せている学習部屋にある本棚。長期休みや学期の節目で私が声をかけて見直しと収納をリセットしていました。

 

本棚が荒れてきたら、私が見かねて片付けを誘導していたのですが、今回は、息子から、声をかけてきました。こっ、これは奇跡です。

 

こちらがBEFOREの本棚収納

続きを読む

広島駅から徒歩で行ける!ほっこり美味しいランチ♬カフェ・アンロビ

早いもので、もう1月中旬過ぎましたね。今年もどうぞよろしくお願い致します。

 

すっかりブログから遠のいていて、しばらくぶりに開いたら、はてなスターの表示が変わっていて、何だか不思議な感じ😲浦島太郎です。

 

先月に行った美味しいランチのお店カフェ・アンロビのレポートです。

 

東区民文化センターでコンサートに行く前に、近くのお店でランチすることになり、行ってきました。

 

レトロなビルの2階にあり、少し薄暗い階段を上っていきます。お店の看板は、昼間でも灯があり、雰囲気があって素敵〜✨

f:id:kinako-chiroru:20220118223516j:plain

続きを読む

家具や収納の落とし穴とは?

先日、お伺いしたお宅…いつもスッキリと片付いています。思わず、「なんでいつもこんなにキレイなの?物の持ち方の基準は?」と整理収納アドバイザー心がモクモクとなり、聞いてみました。

 

その答えが「家具や収納をむやみに増やさない様にしている」とのこと。

 

確かに、家具や収納があると物を入れたくなってしまいますよね。「鶏が先か卵が先か」みたいな話ですが。「収納が先か、物が先か」

f:id:kinako-chiroru:20211213225456j:plain

生活に必要な物があって、それをおさめるための家具や収納は必要…..。

 

でも余計な物(もう、使わない物や手放せない物)をおさめておくために、家具や収納を増やすのは、物を増やし暮らしを圧迫する原因になってしまいます。

続きを読む

食から考えるランチ「喫茶さえき」広島

先日、広島市紙屋町にある「喫茶さえき」に行ってきました。こちらは、オーガニックのランチが食べれるとのことで、以前から気になっていたお店。

f:id:kinako-chiroru:20211209170305j:plain

広電紙屋町東駅から、徒歩約2分のところにある路地の一画にあります。

何だか、懐かしい感じのする外観です。

続きを読む